羊の国のビッグフット

羊の国で発見されたビッグフットとは、6本指の猫親子だった!

チェルシーで良かった





最近、つくずく思うのですが
あの時、猫ドアに自ら現れた子猫が
女の子キャットで本当に良かったなあ、と。


先住猫のテオさんと王様あっくんは
実の親子なので、ペアで引き取ることが
保護の条件だったのですけども。
ここに加わったのがチェルシー。


チェルシーがもしも男の子キャットだったら
やっぱり王様あっくん、あんなにスムーズに
受け入れなかったのかな?


王様あっくん、カゴ占領中。
02092021_catpic1.jpg


いや、子猫だったからひょっとして大丈夫だった?
まるで想像つきません。


王様あっくん、占領したカゴでくつろぎちゅう。
02092021_catpic2.jpg


あの時は本当にナーバスでした。
テオさんとあっくんが、子猫を受け入れて
くれるのかどうか、心配で仕方なかった。


いや、違うな。
テオさんは最初怒ってたけど、絶対大丈夫に
なると思ってました。心配してなかった。
あっくんだけだわ。


チェルシーの性格も大きいだろうなあ。
とにかく猫懐っこい、犬懐っこい性格が
功を奏しました。


02092021_catpic3.jpg


チェルシーでよかった。
本当によく来てくれた。





=================
人気ブログランキングに参加中
=================

ブライアン、あれからみてません・・・。

猫ランキング

=================









●犬猫漫画ブログはこちらです。
★「羊の国のラブラドール絵日記シニア!!」
Chloebisu_banner2.jpg







【羊の国のラブラドール絵日記シニア‼︎ こちらもどうぞ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のビッグフットの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

[ 2021/09/02 14:49 ] ビッグフットたち | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーティンゆう

Author:マーティンゆう
羊の国はニュージーランドの片隅の、小さな小さなファームでの動物たちと暮らし。犬ブロガーが猫と暮らすと!?

ビッグフットたち




テオ(女の子)


推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!

--




王様あっくん(本名アーネスト)


テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオと一緒に我が家の一員に。
テオ母さんと同じく4つ足とも指が6本ずつの ビッグフット!

--




チェルシー



2018年4月1日に保護。
犬のチェイスが瀕死の子猫チェルシーを発見。
我が家の子に。
ラブリーでキュートな女の子。


==




チェイス(男の子)


2009年5月27日生まれ
保護犬。2015年5月30日に我が家の一員に。アメリカ出身。フォックス・ハウンドMIX。猫嫌いから一転して、大の猫好きに!チェルシーをレスキュー。



--




フォレスト(男の子)


2018年10月26日生まれ
ラブラドール。あだ名はモリゾー。チェルシーの弟。


--




サニー(男の子)


2018年12月17日生まれ
ラブラドール。あだ名はサニどん。チェルシーの弟。