羊の国のビッグフット

羊の国で発見されたビッグフットとは、6本指の猫親子だった!

うちの猫たちが普段食べているもの





なんというか、つまんないタイトルでごめんなさい。
そのものズバリ、普段食べてるキャットフードです。


「生肉」をあげていると書いたら、コメント欄で
反応をいただいたので、そうか!国が変われば
猫たちが食べてるものも変わる?ということで
ひょっとしたら興味深いかなあ?と思い記事にしてみます。


まずチェルシー。


以前も書いたように「生肉」です。
といっても手作りしてるのではなく、生食用として
スーパーで売られているものです。
あー、スーパーの棚の写真も撮ってくればよかった。
いろんな種類があります。


02082021_cat5.jpg


上記のチェルシーはじめ、うちの猫たちが食べるのは
「Steak and Kidney」(赤身と内蔵)。
うちの近所の猫たちもみんなこれ。(たまにキャットシッターに行く)
ビックリするくらいみんな「Steak and Kidney」です。
02082021_cat3.jpg
*お肉散らばっててすみません。
チェルシー、顔を左右に振りながら食べるので。


どちらもニュージーランド産。
特に写真右の商品はこのエリア産。いわゆる地元。
トータルで5−6社が出してるかな。
「うさぎ肉」もあります。「Rabbit and Hare」(キャットフードです)。
このほかにオーストラリア産のもあります。(カンガルー肉入り)


中身はこんな感じ。
02082021_cat4.jpg
左(Jimbo's)のほうが肉片が細かくてペーストに近い。
叩いてる回数がこっちの方が多そうな感じ。
右のほうは比較的大きめなので、チェルシーが
噛みきれずにぶんぶん振り回してすごいことになる。


王様あっくんもテオさんもこの生肉食べるんですけど。
でも、フタリはドライの方が断然好きみたいです。
チェルシーはバランス的にはこの逆。
ウェットがメインですが、ドライも食べます。
そんなわけで、みんなが食べるドライ。こちらです。





たまには違うものが食べたかろう、と思うのですが
まあ、飽きもせずに毎日これです。
お水もごくごく飲んでいます。
朝がドライフードで、夜(というか夕方)ウェット。
でも、ウェットは食べずに「ドライをもて」と
言われることが多いかな。


で、おやつにちゅーるを1本。
王様あっくんには日本のちゅーるをお取り寄せ。
02082021_cat2.jpg
「ばあやがケチで、1本しか貰えんのんよ」


テオさんに至っては、ちゅーるにも、ちゅーる的商品にも
全く興味なし。ひたすらドライ。
02082021_cat1.jpg


でも今回、チェルシーのことで「強制給仕」の必要性を
強く感じた今、テオさんもちゅーる好きになってもらった方が
良いのかしら…?


そんなわけで、我が家の猫たちが普段食べているものでした。
お国変われば…でしたか?





=================
人気ブログランキングに参加中
=================

もっと色々食べて欲しいなんて思ったりもするんですけどね〜。健康のためにはシンプルがいいのかな…?

猫ランキング

=================









●犬猫漫画ブログはこちらです。
★「羊の国のラブラドール絵日記シニア!!」
Chloebisu_banner2.jpg







【羊の国のラブラドール絵日記シニア‼︎ こちらもどうぞ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  羊の国のビッグフットの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

[ 2021/08/02 16:51 ] 猫チーム | TB(-) | CM(2)
とても興味深かったです。
日本ではキャットフードのウェットというとパウチか缶詰なので、「生肉=手作りごはん」という先入観があり、キャットフードとして、しかもいくつもの種類が売っているというのは想像もしたことがありませんでした。お国でこんなに違うんですね。
そして、日本ではウェットは魚が多いので、魚嫌いのうちの猫さんにはNZのごはんを試してあげたくなりました。
[ 2021/08/03 07:35 ] [ 編集 ]
生肉❗️
生肉のキャットフードとは驚きです!ワン用もあるんでしょうね。日本のフードは添加物がいっぱい入っていて、、、でもそうじゃないものは高額で大型犬2匹に食べさせるにはお金持ちじゃないと無理です、、、ニュージーランドはフードって安いんですか?
[ 2021/08/04 21:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マーティンゆう

Author:マーティンゆう
羊の国はニュージーランドの片隅の、小さな小さなファームでの動物たちと暮らし。犬ブロガーが猫と暮らすと!?

ビッグフットたち




テオ(女の子)


推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!

--




王様あっくん(本名アーネスト)


テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオと一緒に我が家の一員に。
テオ母さんと同じく4つ足とも指が6本ずつの ビッグフット!

--




チェルシー



2018年4月1日に保護。
犬のチェイスが瀕死の子猫チェルシーを発見。
我が家の子に。
ラブリーでキュートな女の子。


==




チェイス(男の子)


2009年5月27日生まれ
保護犬。2015年5月30日に我が家の一員に。アメリカ出身。フォックス・ハウンドMIX。猫嫌いから一転して、大の猫好きに!チェルシーをレスキュー。



--




フォレスト(男の子)


2018年10月26日生まれ
ラブラドール。あだ名はモリゾー。チェルシーの弟。


--




サニー(男の子)


2018年12月17日生まれ
ラブラドール。あだ名はサニどん。チェルシーの弟。