FC2ブログ

羊の国のビッグフット

羊の国で発見されたビッグフットとは、6本指の猫親子だった!

予定通りにはいかない






最初の予定としては、
日本弾丸一時帰国から家に戻ったら
猫たちとたーっぷり一緒の時間を
過ごすことでした。


今日、漫画にする予定だったのに
できなかったけど、家族で一番
わたしの留守を寂しがっていたのは
外でもない王様あっくんだったそうだし。


その予定が変更になったのは
犬のチェイスの肛門腺が
破裂してしまったからです。
帰ってきて以来、ずーっとチェイスに
つきっきり。
かわいそうに、よしよし。


そんなばあやを特に咎めるでもなく
マイペースにお昼寝の王様。
17122018_cat1.jpg


末っ子チェルシーさんは流石に
相手してあげないとスネるかな?
と思ったけど、
これまた王様あっくんが常に相手を
してくれているので大丈夫だそうです。


17122018_cat2.jpg


17122018_cat3.jpg


でも、チェイスがお昼寝した時は
チェルシーと遊びます。
17122018_cat5.jpg
この小さな手、たまらん!
(このブログは”ビッグフット”ですが。笑)


テオさんには配達でいただいた段ボールの
プレゼント。
17122018_cat4.jpg
*ラーメンを箱買いしたわけではありません。
*たまたまこれに入ってきたのん。
*なぜ、そこまで言い訳をするのか?


家族が多いと流石に何事も
予定通りには行きませんね〜。
でも、猫チームの「平常心を保つ」という
最大の協力に、ものすごく感謝している
みんなのばあや、ゆうさんなのでした。


ありがとうね、みんな。


17122018_cat6.jpg
チェルシーと王様のサイズ比較。
頑張って真上から撮ったつもり。


愛しているよ、みんな。
大好き!




=================
人気ブログランキングに参加中
=================

思わずチュールを振舞いそうになるのを、一日一本と我慢するゆうさんでした。

15102017_catbanner.jpgペット(猫) ブログランキングへ

=================





<お知らせ>
2019年犬カレンダー、予約受付中!
GIFanimation_OmatsuriDogs_mini.gif
*画像クリックで予約画面に飛びます。


ご存知ですか?
盲導犬・聴導犬はじめ、全てのサポートドッグたちの引退後は
医療費も介護費も全部ボランティアさん負担になります。
頑張ってくれた犬たちの引退後の生活が幸せでありますように!
カレンダー収益の100%は日本サービスドッグ協会に寄付され
引退犬たちの介護・医療費に使われます。

==



こっちでも猫たちが活躍中!

+++++

★「羊の国のラブラドール絵日記シニア!!」
羊の国のラブラドール絵日記シニア!!バナー




★インスタグラム
猫たちの写真は主にコチラで!

+++++






カタログ、見るだけでも楽しい!




関連記事
[ 2018/12/17 15:56 ] 我が家のエピソード | TB(-) | CM(-)
プロフィール

マーティンゆう

Author:マーティンゆう
羊の国はニュージーランドの片隅の、小さな小さなファームでの動物たちと暮らし。犬ブロガーが猫と暮らすと!?

ビッグフットたち


テオ(女の子)
推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!

--


アーネスト(男の子)
テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオと一緒に我が家の一員に。
テオ母さんと同じく4つ足とも指が6本ずつの ビッグフット!


==


<同居の犬たち>



エビス(男の子)
2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります! 無邪気で純粋でイノセント、な弟キャラが猫の兄ちゃんになりました!


--

チェイス(男の子)
2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。 ラブとコリーのMIX(らしい) 里親探しサイトで一目ぼれ!の ハンサムボーイ!


スポンサードリンク