羊の国のビッグフット

羊の国で発見されたビッグフットとは、6本指の猫親子だった!

気遣いと気疲れの週末






事の始まりはエイプリル・フール。
以前も書いたけど、ホントに子猫が猫ドアの前から
中を覗いていたんです。


その後の詳細は省きますが、明らかに
「ここの住所であってますよね?」
という感じで自ら保護されにきた子猫。
「はい、これ紹介状」と出してきそうなほどでした。



そんなわけで、週末は先住犬であるチェイスと
先住猫のテオさんと王様あっくんにものすご〜く気を使って過ごしました。
正式に顔合わせだったのです。


チェイスと子猫。
09042018_cat2.jpg
そもそもこの子をスカウトしたのはチェイスなので
(数日前の散歩中に会話してた)
ここは全く心配していません。


問題はこちら。
09042018_cat3.jpg


普段は優しいテオさんが、子猫に対して威嚇しまくり。
そんなテオさんに対して、子猫はボーゼンとしています。


箱接待でご機嫌伺い。
09042018_cat4.jpg
「まんざらでもないのでえす」byテオさん


そして、我が家の王様あっくんですが・・・


09042018_cat1.jpg


初対面から猫キスで子猫を迎え(その時はゆうさんがビビりまくっていたので写真はなし)
敵対心はかけらも持ち合わせていない感じ。
どちらかというと子猫の方が威嚇気味で、王様あっくんが辟易して出て行く感じ。
それさえなければすぐにでも遊び始めそうなフタリなのに!


でも、それで安心してはいけないと思うので、
3月末の期末会計そっちのけで、テオさんと王様あっくんのケアに
時間をつぎ込んでいるゆうさんです。
提出書類は間違いなく遅れます。
「猫に気を使っていました」って言い訳しても
許してくれないだろうなあ、会計士さん・・・。





=================
人気ブログランキングに参加中
=================

さすがですね!王様!フトコロの深さ、エビスにいちゃん譲りですね!

15102017_catbanner.jpgペット(猫) ブログランキングへ

=================





こっちでも猫たちが活躍中!

+++++


★「羊の国のラブラドール絵日記シニア!!」
羊の国のラブラドール絵日記シニア!!バナー





★インスタグラム


+++++





初の同人誌発売中です!
引退犬支援チャリティープロジェクト!

小冊子バージョン
zine_banner.jpg


電子書籍バージョン
ebook_banner_shusei.jpg




トイレ完璧に覚えた!

こんなちっちゃいのに素晴らしい!



関連記事
[ 2018/04/09 12:39 ] 保護猫から家族へ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

マーティンゆう

Author:マーティンゆう
羊の国はニュージーランドの片隅の、小さな小さなファームでの動物たちと暮らし。犬ブロガーが猫と暮らすと!?

ビッグフットたち


テオ(女の子)
推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!

--


アーネスト(男の子)
テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオと一緒に我が家の一員に。
テオ母さんと同じく4つ足とも指が6本ずつの ビッグフット!


==


<同居の犬たち>



エビス(男の子)
2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります! 無邪気で純粋でイノセント、な弟キャラが猫の兄ちゃんになりました!


--

チェイス(男の子)
2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。 ラブとコリーのMIX(らしい) 里親探しサイトで一目ぼれ!の ハンサムボーイ!


スポンサードリンク