2016-06-14(Tue)

ビ、ビギナー!?





話は遡って2015年11月。
テオさんとアーネストが我が家にきて数週間が経った頃のエピソード。

羊の国のビッグフット「ビ、ビギナー!?」1

羊の国のビッグフット「ビ、ビギナー!?」2

羊の国のビッグフット「ビ、ビギナー!?」3

羊の国のビッグフット「ビ、ビギナー!?」4

家族になって8カ月経った今でも
まだ時々ですけど、下手です(汗)。
甘え方もちょっと不器用。

マカロンさんがはじめてテオにあった時の印象を
「テオは猫生、はじめてじゃないけど、いずれも人に愛されてはいなかった」
こう語っていらっしゃいました。
テオさんのこと知って半年以上経つ今では確信してるそうですよ。
そのことも関係してるのかもしれないな~、と思ったり。


7か月前の写真
羊の国のビッグフット「ビ、ビギナー!?」5
あの頃は(今とシルエットが違う!)、はじめて見る羊や豚を
それは珍しそうに眺めては、室内からケンカうってました(笑)。


保護した「SPCA」(動物虐待防止&保護団体)は
ボランティア団体ではありますが(政府の機関ではありませんが)
動物保護法に基づいて行使する権利をもっています。
テオさんやアーネストのように、「適切なお世話が行われていない」
と判断された場合には立ち入りを行い、飼い主の動物たちの所有権を無効にし
裁判所を通じて罰金の支払いを命じます。
そして更にこの人は、数年間ペットの所有を禁じられているはずです。
ニュージーランドはそんなシステム。
(イギリスの「RSPCA」のシステムがそのまま採用されているはず。)

それでも悲しいかな、今回のケースで言うと
全員無事に保護できたわけではないそうなので。
救えなかった命のぶんまで、責任もって大切にしていかなくては。

ね?

羊の国のビッグフット「ビ、ビギナー!?」6
2015年11月(生後多分3カ月)のアーネスト。



+++++

こっちでも猫たちが大活躍!

★「羊の国のラブラドール絵日記シニア!!」
羊の国のラブラドール絵日記シニア!!バナー


★「羊の国のテオテオ・ファーム」
テオテオ・ファームバナー


★インスタグラムやってます!

★Facebook「テオテオ・ファーム」

★Facebook「引退犬支援チャリティー・カレンダー2017年版」

★Twitterでぶつぶつと

+++++





=================
人気ブログランキングに参加中
=================

ランキング参加しています。もしよろしければポチっとニョダ?


ペット(猫) ブログランキングへ

=================





関連記事
プロフィール

マーティンゆう

Author:マーティンゆう
羊の国はニュージーランドの片隅の、小さな小さなファームでの動物たちと暮らし。犬ブロガーが猫と暮らすと!?

ビッグフットたち


テオ(女の子)
推定2015年2月04日生まれ
2015年10月25日に保護され
我が家の一員に。
4つ足とも指が6本ずつの
ビッグフット!

--


アーネスト(男の子)
テオさんの息子。
2015年10月25日に保護され
テオと一緒に我が家の一員に。
テオ母さんと同じく4つ足とも指が6本ずつの ビッグフット!


==


<同居の犬たち>



エビス(男の子)
2003年11月9日生まれ
少年の心、売るほどあります! 無邪気で純粋でイノセント、な弟キャラが猫の兄ちゃんになりました!


--

チェイス(男の子)
2009年5月27日生まれ
2015年5月30日に我が家の一員に。 ラブとコリーのMIX(らしい) 里親探しサイトで一目ぼれ!の ハンサムボーイ!


スポンサードリンク


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
スポンサードリンク


Mokai Naturally NZ



欲しいモノ
RSSリンクの表示